ワタクシゴト

UNIQLOへ感じた憤り

スポンサーリンク




私は非常に憤りを感じた

先日、UNIQLOへ買い物に行った際

 

私は非常に憤りを感じた。

 

UNIQLOへパンツを見に行った時の事だ。

 

「お、これは良いな。」と思い腰の位置に置かれていたグレーのパンツを手に取った。

 

特に意味はない、腰の位置が1番手に取りやすかった為、そこのパンツを取った。サイズを見てみたらX Lだった。

 

僕は164cm、調子が良くても165cmの57kgだ。X Lなんてサイズが合うはずがない、私は紛れも無いSだ。ウィメンズのSでも履けるだろう。

 

そして、X Lがあった段の棚を一通り見たがそこにはX Lしかなかった。

 

嫌な予感はこの時点でしていた。

 

私はSを探すべく私のアゴくらいの高さのもう一つ上の段を調べてみた。

 

そこにはLしかなかった。

 

そして、私の頭より少し上の高さの段を調べた。もうお分かりだろうがそこにはMしかなかった。

 

そして、ジャンプしないと届かないような一番上の段を恐る恐る見てみた。

 

そこには私が探し求めていたSがあった。

 

限界まで背伸びをして果てしなく積み上がった一番の下のSを取ろうとした。

 

「ダメだ、これで引っ張ったら積み上がったSが全て落ちてくる。」

 

しかし、どうしてもSを手に取りたかった私は、周りを2、3度見渡し、膝を曲げ、ふくらはぎ、太ももに大きく力を溜め、つま先で地面を跳ね上げ、高く、高く翔んだ。

 

高校生の頃、ハンドボールをしていた事もありジャンプ力には自信があった。

 

案の定、Sを無事に獲得できた。

 

ここで、UNIQLOに問いたい。

 

なぜ、Sを一番下におかない?

 

なぜ1番大きいX Lが1番下で、1番小さいSが最果ての1番上なのだ?

 

しかもあそこまで積み上げなくてもいいだろう。

 

なぜ、1番高い段に置いた上にさらに数多のSを積み上げる?

 

愚行だと思わないか?

 

UNIQLOよ。

 

次に同じ事をしてみろ。

 

関西圏全店舗のUNIQLOへ赴き、片っ端からSを1番手に取りやすい、腰の位置に置いてやる。

 

敢えて、X L、Lを全て床に置こう。

 

腰と膝を曲げて取れ。
出来るだけ体力を消費しろ。
出来るだけ疲れろ。
背が高い奴は常に疲れろ。

 

UNIQLOよ次は無い。

スポンサーリンク