ブログ運営

<見逃した方必読>沖ケイタさんと一休さんのSNSコンサル。最上要点を3つピックアップ!

スポンサーリンク





沖ケイタさんと一休さんの公開SNSコンサル

どうも!!!

 

三度の飯よりメッシが好き!!!

 

のキラーフレーズでお馴染みの吃音スタイリストブロガーのわむう(wamu_ikesma)です!!!(サッカー全くしたことなぁーいヨイショ!!!)

 

この記事では昨晩、ツイキャスでライブ配信されていた。

 

『沖ケイタさん(namakemono0309)と一休さん(kazuyoshi1140)による公開SNSコンサル』を見逃した方の為に、特に重要だった箇所を3つご紹介します!

 

「ツイッターのフォロワー増えないなぁー」「どうしたらバズるのかなぁ〜」と悩んでいるそこのあなた!読まないと損ですよ!

 

では早速参りましょう!!!

重要な箇所を3つピックアップ!

バズるには?

・インフルエンサーに拡散されるツイートをする。

やっぱりフォロワーの少ない僕みたいな人が爆発的にバズるにはインフルエンサーの方にRTしてもらうしかない。

 

インフルエンサーの方にRTにしてもらうコツの1つはその人の作っているコンテンツ(本、ブログなど)のレビューを書く事。

 

そりゃ、インフルエンサーの方も『人間』です。自分が作った物を褒めてもらったら嬉しいですよね。

 

・フォロワーの人に刺さる内容のツイートをする。

自分のフォロワーの属性を見極めてフォロワーの方々に共感してもらえるようなツイートをする。

 

最初は何がフォロワーに刺さるのかわからないのでとにかく色んな事を呟いて数を打つのが大切。

フォロワーを増やすには?

・インフルエンサーに拡散されるツイートをする。

バズるには?で書いたものと同じでインフルエンサーの方にRTしてもらうと『バズる』。バズればフォロワーは爆発的に増える。

 

・毎日ツイートをして数を撃つ。

フォロワーを増やす為に必要な事はとにかくつぶやく事。つぶやく事が出来ない人はインプットが足りてないのでインプットの量を増やす。

売れるnoteを作るには?

・インフルエンサーにも初心者にも刺さる内容の物を作る。

noteを売る時に爆発的に売ろうと思えばやはり、インフルエンサーの方にRTされる必要がある。

その為にはインフルエンサーの方に刺さる内容のnoteを作る必要があるが、インフルエンサー(上級者)の人にだけ刺さる内容だと、買って頂いた初心者の方が満足しない。

 

売れるnoteを作る為に最も重要のは上級者にも初心者にも刺さる内容のノートを書く事。

 

一休さんとケイタさんはyoshie@ライティングブロガーさん(odayakagurashi)のライティングのnote『小論文模試全国1位・合格率1%のライター試験に勉強なしで一発合格した私のライティングテクニックを完全公開します!!』(https://note.)が上級者にも初心者にも刺さる内容と絶賛してました。

 

僕も次の給料が入れば買います。(そうです。貧乏学生です。)

スポンサーリンク




結局大事なのは『ノウハウ』よりも『量』

放送中に、ケイタさんと一休さんがしきりに言っていたのは結局、『量をこなす』という事。

 

ケイタさん「どんな人にでも0.001%はバズる可能性がある。つまり1000回ツイートしたら1回はバズるという事。だったら1000回ツイートすればいいじゃん。」

 

まさにその通り!おっしゃる通り!!!(靴裏ペロペロ)

 

結局『量』をこなすのが一番の近道。

ハイパー印象的だったケイタさんの言葉

最後に放送中にケイタさんが言っていたすごく印象的だった言葉を紹介します!

 

成功する為には、成功している人を参考にしろ。(多分)という話をしている時にケイタさんがさらっと言った一言。

 

「僕は参考にしようと思った人のブログは全部読むけどね。」

 

その言葉を一休さんは当たり前のように流していましたが、僕にとっては衝撃でした。

 

「やっぱり成功している人の基準値馬鹿高すぎワロタ。」

 

わむうマジでビビりました。ただ、一休さんにとってはそれくらいの努力をする事は普通だからスルーしたんだと思います。

 

やっぱり、最後に物を言うのは『圧倒的な努力』なんですね。

 

僕も早速、ファッションブロガー小林弥起さん(sc_fas_cod)の『初心者ファッション塾』を参考にする為に片っ端から読み漁りましょう!!!

 

一休さんの『5種類の鉄板ツイートに学ぶTwitterフォロワーの伸ばし方』もめちゃめちゃおすすめです!⇩⇩⇩

http://iijima-kazuyoshi.com/twitter-follower/

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク