吃音との付き合い方

吃音症ですが何か?自己紹介で名前が言えないのをごまかす方法

悪魔の儀式『自己紹介』

どうも!

 

スタイリスト吃音ブロガーのわむうです!

 

どうですか最近、つま先トントンしてますか?

 

この記事では僕の人生で背が低いなんとは比べものにならない程のコンプレックス『吃音』について書いていきます!

 

吃音とは言葉が吃ってでなくなったり、何度も同じ言葉を連発してしまう病気です。

 

きっとあなたは「あぁ〜噛んじゃうやつだよね。僕もよくなるよ」って優しさで言って着売れると思いますが

 

そんな、噛むなんてなま優しいものじゃないです。

 

もうストレスで胃に穴が空きそうになる程、嫌なんですよ。

 

常に胃にストレスで穴が空きそうなのに、そこにさらに追い打ちにをかけて僕ら吃音者に襲いかかってくる最悪のイベントがあります。

 

自己紹介の乗り切り方

僕はそのイベントの事を『公開処刑』と読んでいます。

 

何のことかわかりますか?

 

そうだね。プロテインだね。

 

間違いました。

 

そうです。自己紹介です。

 

いやぁ、自己紹介はマジで吃音者にとっては悪魔の儀式ですよ。

 

でもいつまでたっても、非吃音者の方々は僕らうまく自分の名前を言えなくても「あ、緊張してるんだ。」「あ、噛んだ」としか思ってないですよね。

 

もうこの状況はどうしようもないので僕はこの状況をスルリとすり抜ける方法を編み出しました。

 

それは・・・。

 

書きながら自己紹介するという方法です。

スポンサードリンク




『書きながら自己紹介をする』方法

書きながら自己紹介?

 

ってなってますよね?わかりやすく3ステップで『書きながら自己紹介』のやり方を説明しましょう。

スッテプ1

まずは落ち着いて、周りにかけるものを探す。

 

ホワイトボード、黒板が理想。

 

なければ自分のノートを開いて自分の番が回って来るまでできるだけ自己紹介の事を忘れる。

 

僕はいつも、綾瀬はるかのたわわボディーにたわたわされてる所をイメージをして、「自己紹介失敗したらどうしよう。」という邪念を吹き飛ばしてます。

 

目には目を、邪念には邪念を。

スッテプ2

自分に番がきたら、まずは一間置いて、笑顔で周りを見渡す。

 

そいてチョーク、ペンを握り、書く準備をする。

スッテプ3

そして、書きながら一文字づつ発音する。

 

僕の場合は、「わぁー、むぅー、う。と申します!」と言います。

 

 

そして、すかさずこう言います。

 

「いやぁ、こういうの転校生っぽくて一回やってみたかったんですよねぇー!ahaha!」

 

って言います。こうする事で自己紹介を聞いてる側は、「目立ちたがりの面白い人だなー」と思います。

 

すると『面白いやつ』と印象をつける事に成功したあなたの周りには、自然と人が寄ってきます。

 

そこからはいつも通りのあなたで話せばもう一瞬で自己紹介回避ですよ。

 

この方法を使えば自己紹介でつまずく事はほぼナッシングトゥーマッチ!オーマイゴットファーザー降臨!

 

ヨイショ!!!

まとめ

まぁ、でも散々話しましたが例えあなたが吃って詰まろうが周りの人はそんなに気にしてないですよ。

 

出たよ。それ。オメェに何がわかんだよ

って思いましたよね。

 

めちゃめちゃ同感。

 

吃ったこともない、吃音でも何でもない奴が俺の気持ちわかるはずないやろ。って僕も毎回思ってました。

 

でも僕もあなたと同じ吃音者です。

 

あなたが吃っても周りの人はそんなに気にしていない。

 

こう思えるには少し時間がかかるかもしれません。

 

でもこれだけは忘れないで下さい。

 

自分のことを責める事だけはしないで。

 

吃音に生まれた、それもまた人生。

 

あまり自分の事を責めずに、他にたくさんあるあなたの長所を伸ばしていきましょう!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

 

アビヤントー!!!

スポンサードリンク