165cmのファッション

新常識!165cm以下のメンズは8:2が一番似合う説

チビは8:3が似合う説

どうも!こんにちわ!

 

身長164cm!スタイリスト吃音ブロガーのわむうです!!!

 

この記事では165cm以下のメンズが

 

おしゃれをする時に忘れてはいけない新常識について紹介します!

 

「おしゃれの基本はドレスとカジュアルのバランスを7:3にすることです。」

 

とファッションブロガーのトップに君臨するメンズバイヤーMBさんは言っています。

↓MBさんのブログ↓

http://www.neqwsnet-japan.info

ドレスとカジュアルのバランスが7:3とは?

まず、ドレスとカジュアルにちて説明しますね。

 

カジュアルは言葉の通りカジュアルなアイテムのことを指します。(ジーパン、ジージャン、スニーカー、キャップなど・・・。)

 

ドレスとは綺麗目なアイテムのことを指します。(ジャケット、スラックス、革靴・・・。)

 

そしてMBさんはこう言っています。

 

「世界的におしゃれとはドレスとカジュアルのバランスを5:5にする事がおしゃれと言われていますが、日本人の体系は外国人と比べて、幼児体系なので、ドレスとカジュアルのバランスを5:5にしてしまうと子供っぽくなってしまう。

 

なので、バランスを7:3にすれば子供っぽさがカバーされ、カッコよく服を着ることができる」と言っています。

 

確かに、日本人は7:3のバランスが一番似合うのはわかります。

 

ただ、165cmの僕たちは平均的な日本人男性よりも小さいので、

 

平均的な日本人男性と同じ7:3の割合のコーデが一番似合うとは限らないんじゃないでしょうか?

 

そこで、僕が新しく提案する新しい説は

 

「チビは7:3よりも8:2にした方が似合う説」

スポンサードリンク




7:3と8:3のコーデを比較

チビはドレスとカジュアルのバランスが8:2が似合うという説を提案しましたが

 

それってほんまなん?

 

って思ってますよね。

 

そこで私わむうがした。7:3のコーデと8:2のコーデを見比べて見ましょう。

7:3の割合のコーデ↑
ドレスアイテム・・・プレーントゥシューズ、白ソックス、緩めのテーパードパンツ(カジュアル寄りのドレス)』『カジュアルアイテム・・・黒のスウェット』

 

この様にドレスの印象が強めなアイテムが多いですが、サイズ感を大きめに着ているので、あまりきっかりしすぎずに着崩している。

 

8:2の割合のコーデ↑
ドレスアイテム・・・プレーントゥシューズ、白ソックス、ステンカラーコート、緩めのテーパードパンツ(カジュアル寄りのドレス))』
カジュアルなアイテム・・・緩めのロンT』

 

綺麗目なアイテムを多めに使って、その上、色合いを落ち着かせているので、8:2のコーデに仕上がる

 

いかかがですか?

 

なんとなく8:2のコーデの方がかっこよく似合っていませんか?

 

どちらがトレンドか?と聞かれると

 

それはおそらく、7:3の割合の緩めに着ている方がでしょう。

 

ただ、トレンドのなんてそんなに気にしなくていいです。

 

まずは、きれい目シンプルを極めて行きましょう。

 

結局、きれい目シンプルが一番女子ウケもいいですしね。

8:2のコーデを作るコツ

いかがでしたか?

 

今回は、『チビには8:2が一番似合う説』を提案しました!

 

今、ドレスなきれい目なアイテムがないという方はまずは靴からドレスなアイテムを揃える事をお勧めします!

 

8:2のコーデを作るコツは

 

ドレスなアイテムを靴、パンツの下半身に固める事です。

 

ドレスなアイテムを下半身に固める事でトップスや、アウターでよほど冒険しない限り8:2のきれい目なコーデを簡単に作る事ができます。

 

なのでまずは靴を揃えましょう!

 

そしてその後にドレスなパンツ(スラックスなど)を買いましょう!

 

まずは靴です!

 

ここでオススメのプレーントゥシューズを紹介します!

 

めっちゃ人気なので品切れの場合は再入荷を待つしかないですね。

 

↓4月25日現在は在庫があるサイト↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KLEMAN(クレマン) PASTAN [2018 春夏]
価格:19224円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

 

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

 

アビヤントー!!!

スポンサードリンク